院長 下野 卓爾(しもの たくじ)


  メッセージ

私は医師になってからの4年間は高度先進医療を提供する小児専門の医療機関に従事してきました。そして、その後の16年間は北摂地域の診療所で小児科・内科を中心に外来・入院・在宅診療を行ってきました。

近年の医療技術の進歩には目覚ましいものがあります。しかし、より専門的に細分化されてきたため、患者さん側にとってみればわかりにくくなったとも言えます。一方、病気を早期発見して治療することはもとより、予防の重要性が増してきています。これらは日頃の患者さんの”小さな訴え”に耳を傾けることから始まるといっても過言ではなく、地域のクリニックが担っている役割は大変重要だと思います。

地域医療を提供する上で、私が強く意識している点は、それぞれの地域における患者さんのニーズ(求め)です。地域のニーズは多様で、かつ常に変化をつづけています。いかにその変化を感じ、適切によりそえるかが診療上の大きなポイントになると考えています。

皆様にはかかりつけ医や家庭医といったイメージを持っていただければ幸いです。いつでも気軽に話しやすく、家族皆の相談をしていただけるような小児科・内科クリニックが目標です。
 

経歴

平成5年3月 順天堂大学医学部卒業
平成5年4月 大阪大学医学部小児科医局入局
平成5年6月 国立大阪病院(現大阪医療センター)小児科勤務
平成7年4月 大阪府立母子保健総合医療センター第3内科勤務
平成8年4月 大阪大学医学部小児科勤務
平成9年4月 医療法人千里丘協立診療所勤務

専門医・資格など

平成9年4月 小児科専門医
平成13年3月 介護支援専門員
平成18年1月 日本医師会認定産業医

  Copyright ©2010 Shimono Clinic. All rights reserved.